元湯甲子温泉 旅館大黒屋
絶えまなく湧き出る湯に浸かり、四季折々に彩りを変える甲子山を望む。
聞こえてくるのは、阿武隈川のせせらぎと、木々を揺らす風の音。
やわらかな陽光が夢うつつに揺らめき、浮沈する人生の憂いをそっと癒す。
かつて、白河藩主松平定信公が愛した温泉郷は、山奥でひっそりと、今なお変わらぬ歴史を刻んでおります。
甲子温泉の由来
至徳年間(一三八四年)、伊豆国最勝院開山和尚吾宝禅師の高弟州安和尚が諸国修行の旅に出た。
州安が白河の関を通りかかると、はるか西山にめでたい雲がかかっていた。
雲に誘われ、苦難して山深く分け入ると、探し求めていた通りの
霊地があった。
州安がそこに質素な小屋を立て、日夜修繕に励んでいたある夜、
一人の老翁が訪ねてきた。 終夜語りあったのち、老翁は「この
山峡に霊泉あり。病患ある者にこれを教え、救われよ」と告げて
消え去った。次の日、州安が聞いたところに行ってみると、確かに
湯が滾々と湧き出ていたという。
時移り、里人には、この秘湯の在り処は分らなくなっていたが、
慶長五年(一六〇〇年)冬の或る日鶴生に流寓していた会津蒲生家の浪人菊池大隈基吉が、猟にでて阿武隈川 源流域で猿を撃った。
雪の血痕を追跡してゆくと、その猿が湯浴して傷を洗い癒していた。 寛永十三年(一六三六年)大隈の子、将監高吉は、ここに温泉を開発し、白河城主丹羽公より、湯別当(湯守)に任じられた。
かの州安が湧湯を見出したのが、至徳元年甲子(きのえね)の年であったことから、甲子温泉(かしおんせん)と名付けられたと伝えられている。
元湯甲子温泉 旅館大黒屋イメージ
大黒屋 施設のご案内
客室 本館13室・別館3室
収容人員 60名様
浴室 大岩風呂:1、櫻の湯:1
内風呂(男女):2、露天風呂(男女):2
プール 屋外温泉プール1
お食事処 広間30畳・テーブル7席
駐車場 乗用車30台・バス2台
Wi-Fiのご利用 館内一部(ロビー周辺)にてパソコン及び、スマートフォン(docomo、au、ソフトバンク)利用可
その他
  • クレジットカード利用可。
  • 携帯電話は、館内一部(ロビー周辺)にて「ソフトバンク」は通話可能です。
    館外一部「docomo、au」での通話が可能です。
    (天候状況により圏外となる場合もございます。)
  • 本館(客室含む)は全館禁煙となります。
    本館各階に喫煙ルームがございます。
    別館3部屋は喫煙可能です。
  • 本館客室:冷暖房+冬の間(床暖房完備)
    離れ客室:冷暖房+冬の間(こたつ+ストーブ)
  • TVはワンセグ放送、衛星放送となります。
  • 冬季間、お車にてご来館の際は、4WD車でのスタットレスタイヤが必要となります。
    それ以外のお車でのご来館の場合は、新白河駅近くの当館専用駐車場へお車をお停め頂き当館まで送迎致しますのでお問合せください。詳細はこちら
元湯甲子温泉 旅館大黒屋 奥甲子 旅館大黒屋
ページ先頭へ
日光国立公園/日本秘湯を守る会会員
元湯甲子温泉 旅館大黒屋
〒961-8071
福島県西白河郡西郷村真船字寺平1
TEL:0248-36-2301 FAX:0248-36-2304